ピューラックス(Purelox)の希釈方法や使い方について。次亜塩素酸ナトリウムの殺菌消毒作用と、ノロウィルスやレジオネラの対策としてのと効果をご紹介。

ピューラックスの希釈

ビューラックスは6%や10%濃度のものが販売されていますので、通常は1%以内に希釈してから使用することがほとんどです。

使用する場合には、用法別に定められている容量を希釈してから使用して下さい。

希釈するのを手間なく行なうための、「ミニクロペットⅡ」というピューラックス専用希釈装置なんかを使えば簡単に希釈することができますね。

 

注意点として、ピューラックスの1%以上の濃度の原液には毒性がありますので、その保管場所には気をつけなければいけません。

また、それほど使用しないということであれば、ピューラックスの購入時に1%程度のものを購入しておくほうが管理衛生上も安全でしょう。

濃度が濃い場合は、金属を腐食してしまうので、取り扱いには気をつけて下さい。

 

ノロウイルス対策に!!次亜塩素酸ナトリウム ピューラックス

 

ノロウィルス、レジオネラ対策

ノロウイルスとは、集団発生する可能性があるので、とても注意が必要な食中毒ウイルスのことです。

他の食中毒とは違ってノロウィルスは、食品中でなく、人の生きた細胞の中でのみ増えるという特性をもっています。

ですから、衛生管理が十分に必要になるわけですね。

ノロウィルスを完全に殺菌してしまう方法としては、過熱処理があげられます。また、加熱以外にも次亜塩素酸ナトリウム(ピューラックス)で、殺菌することができます。

ですから、調理器具などは、十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム(ピューラックス)で浸してふき取るか、加熱する必要があるのです。

 

また、レジオネラは、主に、土壌や淡水に生息しているレジオネラ属菌が埃などとともに、空調設備や冷却塔などから進入し、増殖した菌が冷却水などの、細かい水滴(エアロゾル)とともに飛散し、人の体内に侵入してレジオネラ症を起こすのです。

そのほかにも加湿器や、給湯設備などにも進入する可能性があります。

ですから、家庭内のお風呂や、加湿器等、水を貯めておく設備は、次亜塩素酸ナトリウム(ピューラックス)で常に衛生を保っておく必要があります。

 

ピューラックスとは?

ピューラックスは、次亜塩素酸ナトリウムを成分としている、医薬品の殺菌消毒剤です。

ハイターや、ブリーチなどとも同様の殺菌消毒剤です。

次亜塩素酸ナトリウムは、比較的安全に、そして安価に殺菌消毒効果を得られるということが高評価となっています。

プールや上下水道などの、水の殺菌処理から、食品衛生、医療衛生に関することなど、さまざまな場面で広く使用されています。



ピューラックス 1800mL【第2類医薬品】