大仁田厚のMMKミラーダイエット

元プロレスラーである大仁田厚さんが約2年間で約50kgのダイエットに成功したとして、そのダイエット本を出版したんです。その大仁田厚さんのダイエット方法がこのMMKミラーダイエットなのです。TBSのバラエティー番組「復活の日」でも放送され、番組中で前田耕陽さんなどがチャレンジしていましたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。このMMKの言葉の意味ですが、「無理すんな 無茶すんな 気にするな」の頭文字をとってMMKダイエットなんだそうです。大仁田さんらし名づけ方ですね。しかし、ダイエットといえば、筋トレ、ジョギング、食事制限など、辛いと思われることが多いですよね。それなのにMMKダイエットでは無理しない、無茶しない、気にしない・・それでも50kgのダイエットに成功した大仁田厚さん。いったいどういったダイエット法なのか気になりますよね。

>>> やせたい人は運動するな!

MMKミラーダイエットとは

では、MMKミラーダイエットとはいったいどういったことを行うダイエット法なのでしょうか。まずこのミラーという文字がついていますが、ミラーとは単純に鏡です。鏡とダイエットといったいどういった関係にあるのか。実はMMKミラーダイエットは意識改革ということに重点をおいています。その意識改革に必要なのがこの鏡なんですね。MMKのポイントは3つ、

となっています。この3つがMMKミラーダイエットのポイントになっている理由を説明しますと、ハードな運動は体と脳にカロリーが必要となってしまい、それがどか食いの原因となるようです。また、鏡をみて痩せたい部分に語りかけるのは、意識改革を行うためです。ダイエットする人にとって1番の問題は「意識改革」なんですね。毎日、鏡を見て太っている自分と向き合うことで「痩せないといけない!」という意識を芽生えさせることが重要になります。最後に昼に好きなものを食べるということですが、これは、昼に好きなものを食べることで、食事に対してのストレスと感じないようにするためなんです。毎日食事制限が続くと、心が折れてしまう人も多いのではないでしょうか。そんなストレスを持たないようにすることがダイエットには大切なんです。

MMKミラーダイエットで痩せる根拠は

大仁田厚さん提唱のMMKミラーダイエット、これで本当に痩せられるのか?鏡を見るのが必要か?そんな疑問も湧いてくると思います。鏡を見ることに対して、ある大学教授のコメントでは、鏡を見ることで自分の痩せた部分を実感することが出来る。そのことが脳内にある快感を感じるエンドルフィンを分泌させ、ダイエットを継続させることが出来るんだそうです。確かに人は快感に対しては貪欲にそれを求めるものですよね。つまり、MMKダイエットではダイエットすること自体を快感に変えてしまうということなんですね。ダイエットの成功者って結局、意志の強い人が多いと思います。ダイエットすることが快感になれば、楽しいことをするわけですから、ダイエットじたいが全く苦にならないと言う訳ですね。

MMKの意味

これは余談になりますが、MMKって意味は、ダイエットでみると「無理すんな 無茶すんな 気にするな」の頭文字なんですが、安室奈美恵さんの歌で使われているような場合では、「モテて、モテて、困る」の頭文字をとった略語なんですね。MMKミラーダイエットで痩せて、MMKになりたいですね。

>>> やせたい人は運動するな!

MMKミラーダイエット

美容関連情報