ホスピタルコンシェルジュとは

ホスピタルコンシェルジュとは、医療機関で働くスタッフのなかでも、患者さんとの接遇力や、コミュニケーション能力があり、患者さんの質問などに応えるスキルを持った方を認定する資格のことです。併せて患者様からのご質問にお応えできるスキルを認定する資格です。病院経営のあり方が変化してきた昨今では、この患者さんとのコミュニケーションがより大切になってきています。そこで、このホスピタルコンシェルジュの資格が必要となってきている訳です。患者さんと直接やりとりをするわけですから、医療機関に関する知識、そして接遇能力が必要なのはあきらかだと思います。そして何より、そういったやり取りは医療機関の評判にもつながりますから、ホスピタルコンシェルジュは医療機関の顔だとも言えるわけです。

ホスピタルコンシェルジュの資格はどんな人に必要か

ホスピタルコンシェルジュの資格はどんな方が取ればよいのでしょうか?一概には言えませんが、現在医療機関で医療事務部門で働かれている方、患者さんとの接遇能力(コミュニケーション能力)のスキルアップを望む方、医療機関への就職や転職を考えている方などに、おすすめの資格だといえます。また、医療機関様にとってもスタッフへの教育や研修などに、ホスピタルコンシュルジュの講座などを開かれても良いのではないでしょうか。

>> ★医療機関で働きたい!生涯活かせる確かな資格 >>> 医療事務講座

ホスピタルコンシェルジュ検定試験

ホスピタルコンシェルジュは1〜3級まであり、問題としては、学科試験と実技試験があります(但し3級は学科試験のみ)。学科試験の内容は、医療機関における接遇に関する問題や基本知識、専門知識などがあります。実技試験は接遇のマナーや、専門知識などが問われます。受験資格については、3級はありませんが、2級の実技試験は、2級の学科試験合格が必要となります。
現在までに他業種で働いており、コミュニケーションスキルなども持っているという方でも、これまでのお客さん相手のスキルと、患者さん相手のスキルでは、その違いが多く、他業種のスキルでは通用しない場合も多いです。ですから、医療機関にとっての接遇能力を見につけたい方は、ホスピタルコンシェルジュ検定試験にチャレンジし、医療機関にとっての有益な人材となる資格を見につけるとよいでしょう。

ホスピタルコンシェルジュの資格