ヒブワクチン 予防接種

ヒブワクチンとは

ヒブワクチンとは、ヒブ(Hib)という細菌による感染症を防ぐ為のワクチンのことです。

ヒブ(Hib)とはヘモフィルス属インフルエンザ菌b型の略ですが、風邪などの諸症状がでるあのインフルエンザとは違います。

もともと、インフルエンザの原因菌が、このヒブ(Hib)であると研究されていたことから、インフルエンザという名前が付けられ、現在もそのままの名称が残っているというわけです。

ヒブ(Hib)は細菌性髄膜炎や、肺炎などを引き起こし、小児のかかる細菌性髄膜炎の半数以上が、ヒブ(Hib)が原因なのです。

日本でも毎年数百〜千人の子供が発病し、うち5%が死亡、20%に後遺症が残るなどする恐ろしい病気なのです。


新型インフルエンザ対策! サージカルマスク50枚入り! カゼ・花粉・ホコリを防ぐ3層構造により乾燥予防・風邪予防に最適です。女性用マスク・子供用マスク

ヒブワクチンで細菌性髄膜炎を予防

ヒブワクチンの予防接種は、現在、海外などでは定期的に行われるようになっています。

それは、世界保健機関(WHO : World Health Organization)が10年ほど前に、乳児への定期予防接種を勧告しているからです。

ですから、今では100カ国以上が定期接種を行うようになっています。日本ではまだ定期予防接種とはなっていませんが、最近ようやく認可がおり、今年度中には発売になる予定です。

それでもヒブワクチンの接種はまだ任意接種となるため高額となっています。

ヒブワクチンの副作用

日本で認可のおりたヒブワクチンは、サノフィ・パスツール社(フランス)のアクトヒブというワクチンで、これは世界各国で使用されているものです。

このアクトヒブは、副作用がとても少ないとされています。また、世界各国の実績からもそれが証明されているといえるでしょう。

軽度の副作用としては、接種部分の赤みや腫れ、発熱などがあります。

重度の副作用の場合、息切れや蕁麻疹等を起こす場合もあるようです。おかしいと思った場合には直ぐに医師に相談して下さい。

 

※厚生労働省からの緊急情報がでていますので注意してください!

小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンを含む同時接種後の死亡報告と接種の一時的見合わせについて(2011年3月5日更新)

詳しい内容は厚生労働省ページへ ⇒ 厚生労働省

いそがしいママを助けてくれる化粧品

ママって子供が小さいとどうしても自分のことに費やせる時間がなくなってしまいますよね。

まだ赤ちゃんが生まれたばかりのママなら、子供の手が離れるのは数年先のことになりますし、その間に第二子、第三子と生まれたとすると・・10年は先になっちゃいますね。

だから、今のうちからお肌のケアはしておきたいですが、どうしても時間がとれませんね。

そこで、エレクトーレの10秒スキンケア。

この超簡単なスキンケアなら、どれだけ忙しい朝も、眠りたい夜でも大丈夫。

 

エレクトーレ 口コミでも簡単さが評判になってます

 

子供たちもだいぶ大きくなって、折角時間に余裕ができたときにはお肌がボロボロなんてことは避けたいですからね。

Copyright © ヒブワクチンで予防接種 All rights reserved