コーヒーは口臭の原因なの?

コーヒーには臭いの抑制成分が含まれており、ニンニクなど、食べ物に起因した口臭に対しては予防効果があるとされていますが、逆に、コーヒーは口臭の原因の一つになっているとも言われています。実際に自分でコーヒーを飲んだ時にも口臭を感じますし、他の人が飲んだ場合でも、直後は臭いを感じることが多いですね。なぜコーヒーを飲んだ後は口臭を引き起こしやすいのか?皆さんは、焙煎された豆からコーヒーができていることは御存知のことと思います。その焙煎された豆にはたくさんの微粒子が存在し、これが口臭の原因となっているのです。この成分が付着したままの状態が、口腔内のpH(ペーハー)を下げ、独特の口臭を発することとなります。また、タンニンなどの成分は唾液の分泌を抑制してしまいますので、口腔内が乾き、これも口臭の原因となります。

コーヒーを飲んだ後、口臭を予防するには

コーヒーが口臭の原因となる理由はお分かりになったかと思います。では、コーヒーを飲んだ後の口臭は予防することができないのか?と気になりますよね。普段からよくコーヒーを飲まれる方、大好きな方にとっては重要なことでしょう。コーヒーによる口臭を予防するためには、舌に付着した微粒子を洗い流すことが大事です。ですから、口臭予防のために、コーヒーを飲んだ後は、舌を良く動かしたりガムを噛むなどして、唾液の分泌を促し、口腔内のpH(ペーハー)をあげます。また、舌に付着した微粒子をそぎ落とすために、舌を口腔内の天井部分にこすりつけるなどします。この時に、少し水を含んでから洗い流すようにこすると、より口臭予防に効果的でしょう。


>> お口のメンテナンス!

コーヒーには口臭予防効果があるのか?

コーヒーの口臭予防効果は、先にも少し述べましたが、食べ物に起因する口臭には効果があります。口臭といっても、口腔内に起因するものと、胃の中のものに起因するものがありますので、一口に、コーヒーには口臭予防効果がある、ない、とは言えない訳ですね。ニンニクなどのイオウ化合物が原因となる場合には、コーヒーに含まれるカテキンやフラン類が口臭予防に効果を発揮します。しかし、口腔内が原因となる口臭には効果がありませんし、コーヒーが口臭の原因になることもあります。一長一短といったところですね。

口臭の原因となる虫歯と歯周病

ここでは、短期的な口臭原因としてコーヒーを取り上げ、その原因と予防法を紹介しましたが、口臭の一番の原因としては、虫歯と、歯周病があげられます。定期的な歯医者での健診を行い、歯垢や歯石の除去をマメに行って下さい。歯周病の前段階でもある歯肉炎の疑いのあるかたは特に要注意です。口臭がきつくなってきたかな?と感じたらまずは歯医者さんでチェックしてもらいましょう。

>> 歯周病対策に!リジェンティスのオーラルケア用品

コーヒーと口臭の関係

健康関連情報